01≪ 2018/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理2018-01-11 (Thu)

神ノ牙観てきました~ノシ 舞台挨拶付き!(兄者とともに)


SNSとかにアップしていい写真まで撮らせてもらえました♪
改めて写真確認したら牙狼翔の光の反射具合凄い。キラッキラ☆

ニュアンスはちょっと違うとこあるかと思うんですが、舞台挨拶の内容。
↓箇条書きにて。

・栗山くんと井上くん仲良し。殺陣も息が合う。
・衣装バージョンアップ。栗山くんは赤のインナーもより黒っぽく濃い色に。井上くんはコルセットがどっかいってスカートが付いた。
・横山監督厳しいスパルタ。とくに青木くんを殴ってた(例え)。
・栗山くんは手羽先食べたり名古屋飯満喫。
・井上くんは時間なくて今朝はコンビニのおにぎりと映画館のポップコーン食べた。
・ジンガが流牙に後ろ回し蹴りするアクションシーンの殺陣で井上くんの蹴りが栗ちゃんの栗ちゃん(コカーン)にヒットしちゃった。NGだったので撮り直し。
・ジェットコースターが苦手な井上くん。空気式のワイヤーはバシュッて飛ぶから怖かった。
・↑顔がジンガじゃなくて「剣持ってる井上正大がこっち飛んできた!」って思った栗山くん。
・アクション撮るとき恐怖が顔に出そうになるから「かおかおかお」とジンガの顔を意識しないといけなかった井上くん。
・栗山くんは恐怖があっても流牙の気合いの演技に変換できる。「(こわい…こわい…こわ)ぅおおおおおおおお!」。
・映画撮るって雨宮監督に言われたのは三年前。
・くっきーさんを推す井上くん
・じつは闇照の一話最初のほうで足を怪我した栗山くん。横山監督に相談して「よし!テーピング巻こう!」と言われ、テーピングでぐるぐる巻きにして撮影続行。
・池田くんと青木くんは闇照の頃の自分を知っているから、成長を見られるのは恥ずかしかった栗山くん。親戚じゃないけどそんな感じでもう二人にオムツ変えてもらった気さえする。

こんな感じでしたーノシ
面白かったw

↓映画の感想は追記にて




ネタバレあります。ご注意ください~ノシ












GOLD STORMの時はスケジュール的に登場が難しかった猛竜と哀空吏が神ノ牙で再登場で流牙と莉杏と四人で並んでる姿を新しく見られたのは本当に嬉しかった。

最近はお笑い芸人さんに疎いから野生○弾と聞いてもピンとこなくて申し訳なかったんですが、くっきーさんのボエル(ホラー)がめちゃくちゃキュートで可愛かった~v メイクで見た目怖いけどマスコットキャラ的な喋り方だし突然謎の歌うたいはじめるしw 超萌えキャラでした(ノω・。)

アニメガロの主題歌担当していたアニソン歌手の佐咲さんがリンザ(ホラー)役で出演するの事前情報で知っていたんですが、思っていたより重役で吃驚しました。初めてとは思えないくらい演技も良くて、キャラも悪女感あって素敵でした。格好良い!
神ノ牙の主題歌も佐咲さんが歌っていらっしゃって、最初は童謡っぽい子守歌のバラード曲調なのに中盤からメタルの曲調になるのが凄い痺れます。ヘドバンしたい。

流牙とジンガは宿命のライバル感があって、他シリーズにはない関係性だから二人がいると画面も物語も映えますよね。もう一回観に行けたら確認したいシーンがあって。流牙がジンガと戦うところで鎧の中の顔が見えるときに気合いの表情が笑っているように見えて。終盤でジンガが流牙に「お前も戦うのが楽しいんだろ」って言う台詞が出てきて見間違いじゃなかった…?って思って胸に何かが刺さったままよ。

あとね、あとね。アミリのおっぱい!おっぱい凄すぎて目が離せないから!アミリが画面に現れるとおっぱいに視線が固定されてしまう魔力ある…おっぱい…オパーイ…。

ファーストシリーズの牙狼から鍵となるメシア様のお姿も登場して、ずっと牙狼見てきたファンへのサプライズ演出もあったのがほくほくでした。あの後ジンガとどうなったのか、更に気になって終わりない終わり方に期待が高まります!
とっても大満足でした!ヽ(○ ´ ▽ ` ○)ノ

Return

* Category : 日記
|
個別記事の管理2018-01-04 (Thu)
二日にママ上と初売り行ってきましたー。毎年恒例。
昼食べたら別行動です。一緒に行く意味あるのか謎です。

福袋何も買わずにとらさんとメイトさんで冬コミの新刊を収穫しました。どのご本も素敵だった(//人//)勝デクと出勝♀
あ。まだここで発言していなかった気がするんですが、リバオッケーです。
出久くん受けは相手がかっちゃんじゃないと駄目なので勝デク固定ですが、かっちゃん受けは雑食です。出勝と轟爆が特にテンション上がります。相澤先生とかヘドロヴィランとかベストジーニスト攻めもいいと思う。ノーマルは勝茶が気になる。

ようやく原作を今出ている16巻まで揃えて読み終えたんですが、読めば読むほど出久くん格好良い。そして読めば読むほどかっちゃんが可愛い。でも本命は勝デク。揺るがず。
勝デクは攻×攻って思ってます。でもそのうち受×攻になるんじゃないかって予感がひしひしと。

かっちゃんの中の人が岡本君だからでしょうか。
わしが岡本君をはっきり認識したのセカコイの木佐さんでしてな。可愛いってイメージが根付いてしまってて。雪木佐めっちゃ好きです。いつも無言でアニメ観るのに唯一変な声出してしまったのがセカコイの雪木佐シーンだった。雪名が自分のプロフィールを弾丸のようにガーと言いながら木佐さんに迫るとこ萌えに萌えた。
セカコイのアニメってもう六年も前でしたっけ(今調べた。四月になったら七周年突入)。わあ。
ラジオも聞いてたけど、岡本君初々しかったなー。近藤さんと立花さんより年下だから余計にそう感じましたよね。あれ、今木佐さんと同い年じゃないですか?岡本君。追いつきましたね!また木佐さんやってほしい。雪木佐見たい!


そういえばキャラソン持ってたなと思って自室から引っ張り出してきました。パソコン買い換えてから取り込んで無かったので、入れて聞いてます。

当時、三人のキャラソンずっとリピートしてました。こだまさんの作詞もすごい好きで。
千秋のが特に好きなんですよ。歌が千秋っぽくないって言われてるのよく見掛けていたけど、千秋の内面とか理想がよく現れてる歌詞だったから。アニメだと表面ばかりが目立っていたと思うんですけど、小説だと心の描写とかも丁寧に表現されているんですよね。千秋がいろんなもの大切にしてて、自分本位に見えて意外と周りを見ていたりってのが凝縮された歌で感動しましてん。

かっちゃん切っ掛けで出してきた肝心の木佐さんのキャラソンはカップリング曲の「君に出逢えた奇跡」を勝デクに変換したら最高でした。
知らないオモイとか臆病な予防線とか認めてしまうのが怖かったとか守ってるつもりで傷つきってすごいよ!なにこれやばい。か、かつでくを発掘した…!
* Category : 日記
|
個別記事の管理2018-01-02 (Tue)

明けましておめでとう御座います!

昨年はサイトにご訪問くださり、ブログまで読んでいただき、本当に有り難う御座いました!
二次創作でのサークル参加を十年以上振りに始めたり、去年は実りある一年でした。行動に移せたのは作品を見てくださる方やAGEのおかげです。
今年はイベント参加を継続しつつ、新たなことに挑戦できる一年にしたいです。
AGE本の新刊出したい!特撮系も何か作りたい!MHAでもオフ活動したい!やりたいことがいっぱいです。
まずはオリジナルのティーカップクマ本の完成を目指してお絵かきします!…大晦日のヤギの世話で右腕イっちまったけどな(次の日起きてから痛みがあったので正月中はちょっと控えます)。

年末年始は殆ど人来ないからヤギも寂しかったのか、自分が当番の日に小屋掃除に行ったら荒れておりまして。
まあ荒れているだろうと予想は出来ていたのでパパ上を連れて行き、小屋の糞を片付けている間はヤギの相手を頼んでおりました。案の定ヤギに飛び掛かられてました。前足上げたヤギに抱きつかれたり頭突きされたりで散々な目に遭ってたね。ヤギのお世話もおちんぎん出るからパパ上にお小遣いあげましたよ、ちゃんと。
でも、ヤギも相手を見ているのか、私にはあんまり前足上げて飛び掛からないんですよね。頭突きも威力抑えているし。女性スタッフには控えめだけど殿方にはガンガン遊んでアピールしていく。あ、ヤギはオスです。



そろそろヤギの話は置いておき、MHA絵をば。
MARGINAL三話目pixiv表紙用に。
コマを増やしたり、台詞なしにしたり、オノマトペをローマ字にしたり、いろいろ試し始めました。
最後のコマのかっちゃんとソーガさんは両作の漫画見比べながら描いていたんですが、堀越先生と別天先生の骨格の描き方が異なるので違いが出るように描くのすごい楽しかったです。

ソーガさん達三人組の服装が九年前から変わってないところはノーツッコミでお願いします(滝汗)。
ヴィジランテから九年経っているって設定にしたことを描き終わってから気付いてしまい…でも、描ける服装のレパートリーもないので気付いたところで描けないわいと頭抱えました。

場面はソーガさんが折寺かっちゃんに似ててビビる出久くんを抜き出しました。
出久くんの中ではかっちゃんに怖いイメージがあっても「すごい」って憧れがあるから大丈夫だけれど、ソーガさんには憧れがごっそり抜けてるからただただ怖いだけという。感じで。
ヴィジランテは灰廻さんが出久くんポジションだと、川に落ちたポップちゃんとメンチ切ってくるソーガさんがかっちゃんポジションかなーと勝手に。
* Category : 日記
|
個別記事の管理2017-12-30 (Sat)
今年も残り僅かですね。特訓納めはしているのですが、大晦日に特訓先で飼っているヤギの世話をしにいかないとです。あと施設の点検。年末年始のお休み中のこの見回りの日をジャンケンで決めるっていうユルさよ。

さてさて。サイトの方も今年の更新納めをしました。たぶんもう今年中に何か更新する余裕もないかと思いますので、次回は来年になるかとー。

NovelページにMHAの勝デク小説を一本アップしまして。
…前の更新でアップした小説もまだブログで報告していませんね、わし。おっふ。
MARGINALシリーズの三話目派生で
ポップちゃん視点の「~羽根山和歩の場合~」
ベーストジーニスト視点の「~袴田維の場合~」
の二本を書きました。
灰廻さん視点よりも勝デクに踏み込んだ内容になっていると思いますが、当社比です。ご了承をば(汗)。

誰も興味ないと思うんですが、MHA小説のタイトルの付け方を年末テンションで解説します。
漢字二文字を二つ、英語を一つ、漢字と英語の間に記号。をベースにしてタイトル決めしています。
漢字は可能な限り反対語をチョイス。かっちゃんと出久くんのイメージですね。
英語は原作がアメコミ意識と知ってそこから。(AGE小説は趣味でドイツ語しばり。後から知ったのですが、ヴェイガンがドイツ語だったので結果オーライ)
記号は個人的にクランチ文体に興味があって、文中に使う勇気がないのでせめてタイトルに…です。日本だと冲方先生くらいしか使っていない表現なんですけど、海外のSF小説ではわりと使われているらしく「/」や「=」など算術記号を文中に入れるのをエルロイ文体と呼んで浸透しているそうな。

そんでもって。
いつも小説のタイトルバーに会話文入れて小ネタで遊んでいるんですが、もしかしたらブラウザによっては見えなかったりするのかなと前々から不安だったのでMHAのみですが、ブログにも載せておこうと思います。
↓では、追記にて




二律×the way home×背反
「デクが悪い。デクがいっちゃん悪い。デクが弱いのが悪い。デクが石っころだから悪い。デクがクソだから悪い。デクが」
「それいつまで続くんですか?相澤先生」
「合理的だが馬鹿の一つ覚えだな」
「根津校長に反省文のルールを改善してもらったほうがいいですね」
(相澤先生とセメントス先生)


斥力≠引力+MARGINAL
「クソデクもう飲むな」
「ええ~、いいじゃん、かっちゃんのけちー」
「テメェはなんで甘酒ごときで酔っとんだ」
「よってない~。あはは、かっちゃんがさんにんいるー」
「良い度胸だ。ブッ飛ばされてぇみたいだな?あ?」
「かっちゃんかっこいいーすきー」
「……面倒くせぇ」
(かっちゃんとデク)


内密≠公然+MARGINAL
「シンリンカムイまんは彼をイメージしてゴボウがメインだから歯ごたえあって美味しい!」
「……」
「かっちゃん、麻婆まん美味しい?」
「まあまあ」
「へー。僕のも食べてみる?金平だからちょっとピリ辛」
「ん」
「どう?」
「足りねぇ」
「もっと辛くないと駄目なんだね~」
(かっちゃんとデク)


保守≠革新+MARGINAL
「何でズボンのサイズ訊いたの?」
「ベストジーニストが詫びにジーンズやるんだと」
「わあ!ベストジーニストのブランドってすっごい高いんだよね、なかなか手が出せないし」
「テメェもほしいんか」
「絶対似合わないよ」
「…」
「かっちゃん?」
「ハッ」
「今馬鹿にしただろ」
(かっちゃんとデク)


保守≠革新+MARGINAL
~羽根山和歩の場合~
「トイレお借りします」
「どうぞ」
「じゃ、じゃあ」
「そういえば、デクって私より年下じゃん。でも今更本人を前にして呼び捨ても出来ないわね」
「すっきりした…羽根山さん?」
「デクさんでいいわ」
「?」
(和歩とデク)


保守≠革新+MARGINAL
~袴田維の場合~
「デクと幼馴染みなの?かっちゃん」
「仲良いの?かっちゃん」
「かっちゃんって親しみあっていいね」
「家事の分担ってどうしてる?かっちゃん」
「かっちゃんって呼んでいい?」
「なんでかっちゃんなの?」
「かっちゃかっちゃ煩ぇ!俺は仕事中だ!」
(ジーニスト事務所のサイドキック達とかっちゃん)



ご清聴(?)ご清読(?)有り難う御座いました!
また気が向いた時にブログにも補足的に載せていこうと思います~。

Return

* Category : 日記
|
個別記事の管理2017-12-27 (Wed)
コミライ名古屋お疲れ様でした~♪今更感がすごい!
ひろあかの勝デクのあのお方やAGEのロディさんのあのお方に会ってお話しが出来て夢見たいな一日でした!これがまさしくあなたがGODか…!なんですね。体験してしまった。凄かった!
突発でライダー映画の平ジェネFINAL感想ペーパー作ったんですが、作って良かった。それ切っ掛けでスペースに立ち寄ってくださった方と特撮話出来て楽しかったです♪でも感想ペーパー雑すぎてブログにのせるの恥ずかしいのでイベント配布限定でお願いします。

↓ペーパー絵でのせられそうなのはこの辺で。
  追記隠し無しで女体化失礼します。


イチゴとフリットちゃん。
来年八月に大阪でG魂あるようなので、それに合わせてWeiβ本出したいなと考えています。頑張るぞ!


そういえばバレルの絵、サイトやブログには出していなかったですな。ツイッターには上げていたんですが…。特撮絵何枚かまとめてTINAMIさんに投稿しようと思ったまま実行しておらず。今年の特訓納めもしたのでお休み中にやれたらいいんですけど。


これまた突発で唐突にハマったひろあか絵。この横に勝デクへの滾り文が手書きされています。字が汚いから見せられないよ(汗)。
見えてないとこに最推しのエクトプラズム先生もちょこんと描いてあったりします。


暫くプログ書いていない間にサイトの方更新してまして。
ひろあかコンテンツようやく開通ましたーノシ
Novelページに短編一本とシリーズもの(中編になるか長編になるか未定)を三話までアップしています。先にpixivさんに投稿してから加筆修正したのをサイトにアップしていましたが、今後はサイトに先にアップして表紙が描けたらpixivさんに投稿のスタイルになります。

単品予定だったヴィジランテ主人公の灰廻さんと勝デク絡みの話が続いてしまい、書きたいシーンが色々浮かんでいるので暫く集中して書いてしまうやもです。伏線の回収どうしようって積んでますが(←)

↓そんなこんなでブログにはまだのせていなかったpixivさん用表紙絵。

シリーズ一話目。
描きなれてなくてだいぶ穴に入りたい感じですが、もう表紙に使ってしまったから、ね…。最初から描き直したい(ノω・)
この後に上のペーパー用イラストを描いて、やっとかっちゃんの髪の描き方分かってきた感じです。
その後に描いたのが、下の二話目の表紙絵。

20171227_4.jpg
安定してきました。一安心です。
おねんね勝デクを激写する灰廻さん。灰廻さんに他意は御座いません。彼鈍すぎて小説書いてるとき困ってます。勝デク要素見逃しまくるからw

三話目の表紙はどのシーン描き起こすかまだ決めていませんが、表紙が出来ましたらpixivさんにも投稿致します。
ソーガさんとかヴィジランテ側がオールキャラになってきましたが、ひろあかキャラも色々登場させてみたいです。どのキャラも魅力的だから書いてみたい。
* Category : 日記
|