08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-08-16 (Fri)

メール有り難う御座います!




反転お願いします。



薩摩隼人様へ


今年の夏の暑さにもやっと慣れてきた感じです。
暑中お見舞いの葉書有り難う御座いました!遅くなるかもしれませんが、お返事書きますね。

慣れてきたといっても、晴れの日が続きそうで暑さも増しそうな予報。お体などご自愛くださいね。
ではでは、失礼致します。

Return

* Category : お手紙(レス)
|
個別記事の管理2013-06-26 (Wed)

メール有り難う御座います!




反転お願いします。



薩摩隼人様へ


すみません、元気にしております!
メールの受信箱がごちゃごちゃになっていて気付くのに遅れてしまいました。本当に申し訳ないです(汗)
納得のいく絵が描けずにいたもので、お返事が出来ずにおりました。これなら大丈夫かなという絵がペン入れを終わらせたところなので、色を塗って近いうちにポストに入れられたらと思っております。

こちらまで足を運んでメールをくださり、有り難う御座います。
気温も上がってきましたので、体調など崩されないようお体をご自愛くださいね。
ではでは、失礼致します。

Return

* Category : お手紙(レス)
|
個別記事の管理2012-10-09 (Tue)

コメント有り難う御座います!







反転お願いします。




23時55分前後の方へ


こんばんは。
私の書くウルフリが好きだとおっしゃってくださり、とても嬉しいですッ
ウルフリ良いですよね。年の差があるのに対等だと感じるところもあれば、ウルフから強引に来られて少し戸惑いながらも受け入れても良いかなと思ってしまうフリットを想像するのは楽しいです。

とても励みになるメッセージに心躍りました!アニメが終わってしまって寂しいなと感じていたところだったのですが、これからもウルフリを書きたいと思います。
ではでは、改めまして、拍手とコメントを有り難う御座いました!



Return

* Category : お手紙(レス)
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-10-09 (Tue)

コメント有り難う御座います!







反転お願いします。




あきボー様へ


こんばんは、あきボー様。
長くなってしまった返事を全て読んでくださり、有り難う御座います。
私もこれは長くなりすぎたと感じていて申し訳なく、同時に目を通して頂けただけで感謝の極みです。

正しい事と間違っている事は人によって境目が違うものですから、私の考えはこういう一例もあるという程度の認識をして頂ければ十分かと。
続編を書くことを誰かに許可する方もいれば、しない方もいますので。私はたまたま「しない」方を選択する側だっただけですから。
それに、続編を書きたいと思ってくれるほどWeiβシリーズを気に入って頂けたというのは、私には勿体ないほどの褒め言葉でもあります。有り難う御座います。

ペンネームの方については私も早計だったのではと反省しております。
もしかしたら、あきボー様にとって「柘榴」という名前もしくは果物に関してトラウマがあったり、何か呼べない理由があるのではないかと後々考え至るようになりました。
順序としてはまず、呼べない理由があるのか尋ねるべきだったと思います。配慮が足りなかったことを深くお詫び申し上げます。
何か理由があったら本当に申し訳ないのですが、今回のメッセージで私のペンネームを呼んでいただけて、心がほくほくと温まりました。嬉しかったです!

あきボー様はサイトの方を作ろうかと考えている段階なのですね。
期待しないでくださいとのことだったので、代わりに応援だけはさせてください。何かを作りたい書きたいという気持ちは素敵なことですから。
あきボー様にとって応援されることも負担になるようでしたら、この辺の返事についてはスルーしてくださって構いませんし、重く考えなくても大丈夫ですよ。

今回のメッセージのやり取りであきボー様にとって負担となったり、沈むような気持ちにさせてしまうことになっていたらすみません。そのような気持ちをあきボー様に抱かせることは私の本意ではありませんので、女の子キオのことを考えたり、楽しい気持ちでいてくださることを願っています。

私もネットで失敗したと思ったことは何度もありますし、サイトについて右も左も分からなかったこともあります(たくさんの方に助言を頂いたり、とても良くしてもらって来ました)。
間違ったことをしてしまい無かったことにしたい過去もありますが、それを含めて自分なので同じ失敗を繰り返さないように努めるのが今の自分がしなければならないことかな、と。そんなふうに思いながら、無理のない範囲でやってきているつもりです。

あきボー様とのやり取りは私にとっても勉強になったことがあります。自分の考えなどについて今一度見直す機会をいただけたこと、とても感謝しています。

今回も長くなってしまったようで本当に申し訳ないです。
あきボー様にとって良い一日がこれからたくさん続くことを心より祈っております!
ではでは、改めまして、拍手とコメントを有り難う御座いました!



Return

* Category : お手紙(レス)
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-10-07 (Sun)

コメント有り難う御座います!







反転お願いします。




あきボー様へ


こんばんは、あきボー様。
先日はあのような長い返事をお読み頂きまして有り難う御座いました。
寛容なお心で受け止めていただき嬉しいです。

Weiβシリーズの続編にあたるお話を書きたいとのことですが、結論から言いますと許可は出せません。
これだけですと、上から目線すぎて申し訳ないので少し補足させてください(私の我が儘をお許しください)。

創作者本人とその続編を書いた方の間でトラブルがあったというのは、ネット上で何度か見掛けたことがあるのです。トラブルを未然に防ぐのが、サイト管理者である私の責任です。

しかしながら、今からあきボー様が続編を書くか書かないかは私が実力行使で止めることは出来ません。書き上げられた作品をあきボー様がサイトや創作投稿SNSなどで公開するもしないもあきボー様の自由です。
けれど、その場合は私が許可を出していないことをサイトやブログなどで表記するかと思います。無用なトラブルを避けるためですが、それを見た方達が私かあきボー様のどちらか一方、もしくは二人ともへ疑念の感情なり敵意を向ける可能性がゼロとは限らないでしょう。
サイト運営者として、そういった問題と向き合わなければならない時もあると私は覚悟の上です。が、あきボー様にまで負担となることが起こり得るのは本意ではありません。

ただ、折角の創作の場を折ってしまうことになるのも心苦しく思っています。
私もこの方の書く作品が好きだなと影響を受けることはしばしばありますし、特撮で学んだことを創作作品に反映している部分があるから余計に。
けれど、誰かが書いた作品の続編というのは盗作と見受けられることも多々あります。引用と転載は同一の意味だと思われがちですし。
二次創作は原作ファンが作ったものという前提があり、原作関係者とファンの距離が遠いから盗作とはなりません(グレーゾーンではありますが)。ですが、あまりにも公式に似ていると裁判沙汰になるように近づきすぎるとトラブルになりますから、ある程度の距離感はファン同士でも必要かと思います。

もし、あきボー様が女の子キオの話を書かれるのでしたら、私はあきボー様ご自身でしか出せない味の作品になることを期待したいです。
フリットが女性という設定のままでも、他の設定や物語の成り立ちを変えれば別物になるのではと思います(フリットを男のままにすれば、完全一致は避けられますし)。
「萌えどころ」が似ていれば二次創作でネタが被るというのは避けて通れない道です。それでも、話を書く人間が違えば、故意に設定を同じにしようと意識しなければ、それは別の作品ではないでしょうか。

これは別ジャンルでの話になってしまいますが、私は「お持ち帰りネタ」「敵に寝返りネタ」「主従ネタ」など同じものを求めて一日中同じネタを貪って読んでいた時がありますが、同じネタであっても同じ作品と出会ったことはありません。似ていると感じても、文章は違いますし、持ち味はやはり人それぞれでした。

最後に心配事を。
私がここのお返事で自分でペンネームを名乗っていないからかもしれませんが、あきボー様から私のペンネームを呼ばれたことが一度もありません。何度もコメントを頂いていますが、「貴方様」と呼ばれても私の「柘榴」という名前はなく、私は何処にいるんだろうなと少し疎外感を感じてしまいました。
頂いたメッセージの文章はご丁寧ですから、あきボー様ご本人はとても良い人だと思います。けれど、名前を呼ばれていないというその不信感があって、今回の続編を書きたいという件は私の中で「不許可」が即答されました。上記のことが無くても許可は出せなかったでしょうが、名前を呼んで頂けていたなら少しくらいは悩んでいたと思います。

管理人名を掲載していないサイトは少ないと思いますので、メッセージを送るときは送る相手の名前を呼んであげると相手も安心するのではないでしょうか(他のサイトなどの管理人さんにメッセージを送るときは是非)。
私がルールだと胸を張るつもりはありませんが、そうすることであきボー様の印象はもっと良くなると思いますよ。
人によって感じ方が様々なので強制するつもりはありませんが、あきボー様の良い所を些細なことで隠してしまうことになるのは勿体ないです。
ネットでは顔が見えないので、想像するしかありません。ですから、その勿体なさが積み重なって、あきボー様が傷つくことになってしまうのではないかと心配でもあります。

私が書いた作品を気に入ってくれたこと、続編を書きたいと思うほどの感情を持っていただけたこと、本当に光栄です。
こうやって許可を伺うメッセージを書いてくださったこと、前のメッセージへの返事を通して改めてくださったこと、感謝しています。
私はあきボー様が創り出す、あきボー様だけの作品を拝見出来る日を心待ちにしています。

また長くなってしまい、すみませんでした。
自分の考えばかりを書いてしまい、不快な思いをさせてしまっていたら申し訳ありません。全てを押しつけるつもりはありませんので、自分はこう思うけれどと、あきボー様が受け入れられない部分がありましたらちゃんと返事をしたいと思っています。
ではでは、改めまして、拍手とコメントを有り難う御座いました!



Return

* Category : お手紙(レス)
* Comment : (0) |