FC2ブログ
09≪ 2018/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-11-24 (Fri)

日曜にサンダーボルトとトワイライトアクシズ観に行ってました~
舞台挨拶のチケット取れてウハウハと劇場へ。スクリーン変更などありましたが混乱もなくスムーズでした。急遽変更になって劇場スタッフの方達にめっちゃ深々と頭下げられて逆に困惑してしまったw ぜ、全然おこってないよ?

上映後舞台挨拶にして正解でした。去年も舞台挨拶行ったけれど上映前の舞台挨拶だったので舞台挨拶終わった途端にオッカケの人がごっそりいなくなるのね、ちょっとね、もやもやしちゃって。それがその人達の生き甲斐だろうからとやかく口出しするのもあれだけれど…好きな声優さんが魂吹き込んだ作品が目の前にあるのに何故?と疑問は生まれる。
わしも好きなアーティストのライブ後に出待ちしたことあるから少しでも間近にって気持ちは分からないでもないのだけれど。今は通行人の邪魔とかライブ会場側からしたら迷惑だなって気が付いて知り合いの人との会話に区切りがついたら帰ってますな。そもそももう歳的に体力気力もないしのぉ。
しかし「今から是非観て楽しんでください」と声優さん達が言っていたのに席を立つ行動は謎である…。そこは理解しかねる(´・ω・`)

席立つ人がいなくて気持ちよく観られたことと、舞台挨拶が観た後だから監督や声優さん達がネタバレ気にせず内容に触れた裏話してもらえたのが良かった点。ネタバレにならないように何とか会話繋ごうとする上映前舞台挨拶も好きですけどもw
舞台挨拶登壇はダリル役の木村君とゼアンカ役の古川さんと松尾監督と小形Pで、古川さんが司会役での進行でした。古川さん知らない声優さんかも…と思ったんですが私毎週お声聞いてましたうまるちゃんで。シルフィンさんだった!それを行く前に知ったので更にテンション上がってしまいました。シルフィンさんと海老名ちゃん推しなんだわし。
ビアンカがさっぱりした男前キャラだったのもあるけれどシルフィンさんの声のイメージと違ってて衝撃でした。シルフィンさんアニメ声なのにビアンカはナチュラルな声色だったんですよね。

(以下、少しネタバレ含みますのでご注意をば)


舞台挨拶の内容は箇条書きで
・アトラスよりアッガイの方が作画枚数多いから機動戦士アッガイってタイトルだよ(笑)
・前の副題はDECEMBER SKYでしたよね、今回は何スカイですか?スカイシリーズじゃねーよw
・BANDIT FLOWERの副題には「バンデット」と「花」相反するものを合わせた
・監督は震災後に跡地を見て来て、荒れ果てた地に植物だけは綺麗に花を咲かせているのを目の当たりにしてそのときの感情(もの悲しさや生命)を反映させている
・冒頭の紫陽花やチューリップが象徴
・アッガイの左手の形も花開くイメージと重ね合わせている
・監督による中村案の暴露
・敵機壊すより中のパイロット仕留めればいいんだから毒ガス使えばいい(中村案)
・一年戦争後直後だから毒ガスの使用は禁止されている。ので、中村さんの出した案の外道さを取り入れてコクピットを直接串刺しにしたりしました。中村さんらしいですよね。
・絵コンテに松尾監督と玄馬さんの名前が一緒にあるけど一緒に絵コンテ描いたんじゃなくて、原作コミックにも脚本にもないシーンを玄馬さんがストーリー付きで勝手に描いて持ってくるから(良いコマを抜粋して使わせてもらってます)
・この劇場の最前列の椅子めっちゃ良さそうですねと座り始める木村君(スクリーン8の最前の後ろから見て6個目の席に座ってjましたよ。他の席と椅子の造りが違うから高いのかな?背もたれを後ろに倒せるタイプのふかふかそうな椅子)
・監督とPも木村君に続いて両隣の席に座ってみる
・この続きは原作コミック9巻から
・木村君は名古屋の地下しか歩いたことがない
・次の舞台挨拶は名古屋始まりで名古屋の美味しいもの食べたい
・最後にフォトセッション(↑の写真)

サンダーボルト見所いっぱいで面白かったです。アッガイがいっぱいわらわらいて超可愛かった。個人的に並び寝そべっててカメラアイをキョロキョロさせていたシーンが萌ベストシーン。萌えを覆すほど格好良い動きもしていてアッガイの魅力たっぷりでした。隠密用に武装最小限なのにダリルの機転を利かせた戦い方が凄かったです。あのピンク色の網って戦艦が敵艦や敵機からのミサイルとかを防ぐために発射させるものって先に認識させられてたから、アッガイ自らその網を被るから何しとんだろ?って疑問に思ってたら敵機からの攻撃受けても網のおかげでダメージ0。成る程ダリル頭良い。

トワイライトアクシズはニュータイプのメカニック視点の話で主人公のポジションに新鮮さがありました。主人公のアルレットとララァの関係があやふやだったのでもうちょっと尺欲しかった…!小説が元の映像作品でしたよな、小説だともっと詳しい描写あるのかしら。シャアのロリコン疑惑に拍車掛けそうだなってちょっと思ったことは反省しておきます(´ω`)


カードダスももろたぞー!
* Category : 日記
|