FC2ブログ
09≪ 2018/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-02-12 (Sun)

宮野君の台湾ライブ「RE MIXIING!」一日目をライブビューイングで参加してきました!
曲や内容は国内でのライブと同じだけれど、台湾会場はスタンディングで小さめだったので炎の演出などはカットされてましたな。Zeepくらいの大きさだったので、宮野君のライブ初めて行った頃を思い出して懐かしい気持ちにもなりました。
ライビュの映画館席は後ろの方だったのでゆったりしながらペンライトぶんぶんしてました。

ネタバレ駄目だよなんですが、ライブ全公演終了したからちょっとは良いんでしょうかね。
愛知県体育館へ観に行ったときにスタート映像の撮影に知り合いのアクション監督がいて、その場でがっつりアクション撮ること知って吃驚したとトークしてて。そのアクション監督が誰なのか非常に気になるんですよね…坂本監督だろうか違うんだろうか。宮野君と接点のあるアクション監督なんてウルトラマソゼロからの坂本監督しか思い浮かばないんですが。そわそわ。

台湾のライブも良かでしたー(〇 ´ ▽ ` 〇)
カタコトでも全身で伝えようとしている宮野君本当にいい人だ。
台湾の方たちから日本語で歌返してもらって感無量に涙しててほっこりしました。
J☆S歌詞的に共感できない曲だったんですが、フリエミに当てはめたらとても萌え転がりました!有り難うJ☆S!


ライビュ会場で台湾ライブグッズの一部を販売するよーとアナウンスされていたので、少し戦利品をば。
マスキングテープと烏龍茶。


凍頂烏龍茶という花粉に効く台湾茶だそうです。花粉じゃないけれど飲むよーノシ
もち焼いてるこいつ可愛いw
親に宮野君の説明するとき「こいつ」で通じるの楽だけど釈然としないww

で。
夜遅めの上映で、開始前に雪めっさ降ってきたんですね。スタッフさんに決まっている終了時間は最大延長時間でそれより早く終わる可能性はあると教えてもらったんですが、終電間際に電車止まるのが一番怖いなと思いまして。同日にユーリのオールナイト上映あるの知って、その場でチケット取って観てきてしまいました。
宮野君とユーリが三十分時間被りしてたんですが、宮野君ライビュ予定終了時間より一時間ほど早めに終わりました。そして出てきたら雪止んでるっていう…。

でもユーリちゃんと観てみたかったんですよ。アニメガロと同じ制作会社のMAPPAだったので。放送期間中は同じくMAPPA制作のDAYSと時間被りしてて観てなかったんですね。ぁ、大柴先輩と君下先輩が気になります(ちょっと漁ろうと思っただけなのにかなりがっつり探し始めてる)。
さて脱線しましたが、そんなこんなで一話以外初見です。正確に言うと最終話は一週間前にDAYSが先に一段落していたので、観てるんですけど話の流れが全く分からなくてちゃんと正座して観ていませんでした。
かつ丼アニメだった。

スケート演技しているシーン観ていたら炎の刻印を無性に見返したくなってしまいました。なんだろう。動画枚数とかの雰囲気が近いんでしょうか?
分かったことはMAPPAはいつも真裸。
未見なんですが世界の片隅もMAPPAなんですよね。真裸ですか?

ユーリに宮野君も出てるからそのままライビュからオールナイトする方も結構いらしゃった感じで。
冒頭にキャラデザの久保先生と声優さんは豊永君諏訪部さん内山君のトークがありました。ほぼさっぱり分からない顔で聞いてて申し訳ないと思いつつ、演技シーンの独白をアフレコするときは画面にそれぞれキャラをイメージしたスケート選手の映像が流れてるお話とか聞きましたよ。豊永君は椅子から降りて動きまわり、諏訪部さんはマッカチンをいじり、内山君はゲームの話題で目覚めおられました。ざっくり。

個人的に久保先生とても好感度良い方だなと。広めたいけどこれは不謹慎だと批判を買ってしまうかもしれないと思って撮った写真あげるのやめたとか、ちゃんと考えられる人って印象があったんですね。めっちゃ面白い話だったんですけどねw
一気見でも飽きずに観られて面白かったです。スタッフさん達もしっかりしているんだろうなとトークの内容から伺えて、雰囲気が良いスタッフさんたちが作るアニメは好印象です。
初見だったのでスタッフロールが見たかったんですが、ノンクレジットOP一度、改変EDだと思われるものもノンクレジットだったのがちょっと悔やまれます。ウィキさんで補完かまた観られる機会があればですなー。
たぶん掛け算的には勇利の相手はユリオか南くんかな。BLアニメって冠がついてたら王道いってたかもしれないんけどわたしの気持ちが追い付かなかった。

始発で朝帰りして宇宙戦隊観ました。タマタマ。
* Category : 日記
|