08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-09-11 (Mon)
今日はとってもハッピーなご報告!
サイトの頂き物コーナーに素敵なイラストを飾らせていただきました!!
THANKSページに蒼川みかん様(@aoxmikan)から頂いた激かわなにょたフリットちゃんのイラストを掲載中なので是非是非ご覧ください♪
先日頂いてからニヤニヤが止まらなくて!独り占めしちゃいたいくらいなのですが、こんなに素晴らしく可愛いフリットちゃんを独占したら勿体ないと…!サイト掲載を快く許可してくださった蒼川様には頭があがりませんんんん。しかもサイトの宣伝までしていただけて感謝してもしたりないッ。有り難う御座います!!

pixivさんなどに今まで人様が投稿されたにょたフリットちゃんを堪能させてもらっていましたが、これから先で人様の新しいにょたフリットちゃんを拝見出来ることはないかもとほぼほぼ諦めの境地にいました…だから!今幸せすぎて大変です!!!生きてて良かったあああああ!!!
しかもWeiβシリーズの制服フリットちゃん描いていただけるなんて~(;∀;)大感涙
蒼川様のフリットちゃんとってもとっても可愛いので見て見て!奥さん見てー!!

THANKSページへは
「INDEX」→「TOP」から「THANKS」ボタンを押していただければ。
新しい頂き物は一番上にリンクを繋げていますので、蒼川様のイラストへはそちらから!
相互リンクサイト様や友人達から過去に頂いたイラストや小説も飾らせていただいています。素晴らしい作品ばかりなのでそちらも是非~♪
* Category : 日記
|
個別記事の管理2017-09-11 (Mon)
行ける範囲の映画館調べたらトラン○フォーマー14日が最終上映日でこりゃ大変だとこの間のレディースデイにママ上と一緒に観てきましたー。わしも休みだったがママ上も暇してて共に。
アーサー王物語を基盤にしていてそそられる内容でした。ギアス切っ掛けにアーサー王の本読んで知識は積んでいる!殆ど忘れかけてるけど!←
ローズマリ・サトクリフさんという方の書かれたアーサー王の翻訳本を専門学校通っていたときに電車の帰りに読んでいましたなー。
字幕で文字追いながら観るの忙しかったけれど最後の騎士王面白かったです。マグロ(多分)を収穫してきたシーンは衝撃的だったわ。

名駅に降り立ったのでルピ○アへ。友人のリツイートで回ってきた呟きで「いもくりかぼ茶」二倍入れのミルクティーが美味しいという情報をどうしても実践してみたく。
ル○シアへはお茶買いに良く行くんですが、ルイボスがわし苦手でいもくりかぼ茶もルイボスだったからスルーしていたんですよね。ただ、ルイボスはミルクティーにすれば我慢することなく飲めるのはサクラルイボスで実証済みで。あと、レモンルイボスがルイボス初心者にオススメと謳われているだけあって比較的飲みやすかったんですね。レモンはお試し用の一杯しか飲んでいないんですが。
それで念願のいもくりかぼ茶手に入れまして。当たりでした!ルイボスは香りがツンとするのと飲むと喉がひりひりする(個人的解釈)んですが、いもくりはそれがあまり感じられなくてミルク入れなくても普通に飲めました。で、ミルクティーにしたらもっとマイルドになるので更に美味しくいただけました♪
期間限定のお茶なのでこれから毎年秋が待ち遠しくなります。栗の緑茶も美味しいんですよ~(,,´人`,,)


さてさて!
コミライ名古屋行く前にアップしてしまおうとアップしてからイベント準備とイベント後の怒濤の特訓続きで内容について語れていなかったウルフリ小説のことをば。
Novelページにウルフリ短編で「Zurücksetzen-前編-」をアップしていましたー。ウルフさん34歳とフリット25歳。この時点では出来ていない二人。お互いに矢印向いてるけどくっついてなく、後編でそこは。後編はすけべしたい!くっつけたい!
話の軸はGバウンサー開発いないなに。GバウンサーはGエグゼスとは全く別の機体になるんですよね。アデルとのコンペで落ちた機体でスパローの発展型になるということは一から造っているはずだろうとそこからネタ拾いを。Gエグゼスとは別物なのにGバウンサーとGを冠させたウルフさんの内情とか想像するとウルフさんの中でガンダムの存在は特別だし、フリットに対しても特別なものあるだろうなと。
フリットは二児の父親だし、ウルフさんに対して敬語も殆ど使わないかなとタメ口にしています。稀にぽろっと敬語が出ちゃうくらい。一人称も迷いどころだったのであえて一人称言わせずに。後編で必要にかられたら…ですなこのあたりは。
ウルフさんの新しい機体はフリットプロデュース、フリットの新しい髪型はウルフプロデュースが裏の題名。
ではでは、後編はいましばらく。
* Category : 日記
|